こうして貯めてアクセサリーを購入する。でも、9月までではその資金が貯まるかなあ。40万だけじゃなく消費税もかかるから。加えて、貯蓄もしないといけない。障害年金の金額は548500円だが10月までだ。これだと、300万円よりいかないだろう。おやおや。惜しいなあ。あとちょっと労働時間をできればなあ。合計で957100円だろう。1人で悩んでいてもうまくできなかったし、彼のような人でも独身のときは、稼いだお金をほぼ残らず使うだけで、まったく余っていなかった思う。

実は私は、障碍者でしかも1級だ。ほとんどいない。1級認定を受けた以上、診療費はお金は払わなくていい。加えて月々7000円の手当ても手当てとして受給できる。奥さんも家庭の外で労働していて力を合わせて返金しています。これで、4年目で返済を終えるまで100万を迫りました。これならいいと思える代金だ。ロードショーは1回上映で2000円。安いといっていいのではないか。一人あたま1000円だし、適当な価格だと考えている。

大事なことは、次の年の2月までは、失業保険で暮らせる予定で、1月までの受給額は、まず100000円、109700円加え、次に30000円、20000円貰い、7000円ということなので全部で266700円もらえるだけです。こうやって僅かでも余剰を作って費用をためていくべきで、子供の進学資金やマンションの支払いや年金の不足を補うお金などを今から励んで捻出すべきだとこの頃は実感しています。私の一家はずっと以前にどうしようもなく家計が逼迫し食べるものがなくても人からお金を借りるのは避けようと言っていました。
債務整理のデメリットについての9割はクズ