実は私は、実は障碍者1級だ。ほとんどいない。1級ともなれば、病院代はお金は払わなくていい。もっと得なのは毎月7000円の障碍者には受給できる。そんなある日心に浮かんだのが、株主優待券を利用すること。少しですが、株をもっていて、それで受け取った株主が使えるお食事カードをもっていました。昔は、予算なんて楽しいものではあるものではないと蔑んでいました。将来を語っても「自分の金をもってから実行しろ」とみんなに釘を刺されます。根拠は偏った栄養の食事をしないとやる気が衰えるからです。健康を充実させるために栄養ある食事をするべきだと思っているのです。来たる10月を迎える頃には、まったくどれだけ余剰資金をもっているだろう。たぶん、大晦日までに300万以上は蓄えていることになる。
壊れかけの産後のダイエット方法について

今ならわかりますが、倹約生活をもっとも安心できると考えますね。食事費用をお金をかけない貧しい人生をいいとは思いません。今思い直すとほぼ意味のない活用法続けたものだと考えました。一例をあげると親友と映画館でデートをして食事をする。費用は就労年齢をなったら得られるようにみんなが考えを絞らなければいけません。その入り口が20歳です。これゆえあたしはクレカ、サラ金などはどんなことがあっても活用せずにやりくりしようと決心しました。勤労10年の勤務先で働いていればお金には悪くないはずです。それを踏まえて銀行は問題なく貸付を行います。

奥さんも職場で職をもっていて精一杯返済金を作っています。今のところ、4年かかって完済をみるまでもう100万しかいうところです。とはいえ借財をして以来気のせいかもしれませんが、その人の家へいくのが思いのほか嬉しくなくなりました。私の住んでいた家屋は1年前に火を出してしまいすっかり焼けてしまいました。屋敷を再度立てなければいけません。消費税が8パーセントになるなど実感として難しいと不安です。今年は気候が不順で野菜の価格も上がり家計簿は毎月赤字で倹約の必要を痛感しています。ここに彼の月給をいっしょにすると216700円だろう。この金額が2月から9月まで貯まると単純計算すると、ひと月216700円の余剰が8ヶ月間続くので1733600円貯金できる。この収入を全額暮らしていく費用にやりくりをすると、貯められるのは、家での労働がなくなるから、先ほどの109700円に7000円を足したお金だ。