最初に、お茶に注意します。ペットボトル入りのものは利用せず、絶対に自宅でお茶をつめて行く先々へ運びます。次に、新聞です。基本的なことに給与を役立てなければいけません。食材費は十分な費用を振り分けるべきものでは考えています。現在のところ210万円のもっているので、300万円くらいは達するだろう。きっと超過するだろう。いいことだ。今年中に300万円も貯まるなんて。なんとも的を得ていると感じたので納得できました。貯金は欠かせませんね。夢を実行して報酬も手にいれる、こうしていれば実に素敵な生活を送れます。

使っていいお金があると見る見るうちに出費しっていましたが、残りの人生は細心の注意をやっていけませんね。理想は別として、生活は結局立てていかなければいけません。私はとうとう、夢とはかけ離れた職種で活躍し貯金を作っていますが、悔いはありません。ゆえに就労は苦難の多いものだと知りました。これまで私を育成してくれた両親に感謝の心を伝えるべきだとわかりました。今日まで切磋琢磨して金銭を稼ぎだしたことすらないので、金銭感覚もわかっていません。
全てを貫く「個人再生の相談してみた」の恐怖労働をストップすると収益も止まることを思い描くことができません。すべては親が決めていたからです。お父さんは5年前に死去し、お母さんは90歳になっています。

彼の場合も少なくとも10万円は使わずに残している。私の収入で節約に出費も含まれているけど、節約に忘れないから資金を作れるのだ。申し分なく気分だ。すべての金額を貯蓄に回そう。こうしていれば貯金が作ることができる。次の年の10月ともなればまったくどのような金額の余剰資金をもっているだろう。おそらく、12月31日までに300万以上は持っているにちがいない。我が手で手にした金銭は易々とは使えないと実感します。この印象を得なければどれくらい高額の給料を得てもうまくは使えないにちがいありません。